記事一覧

入会のご案内  入会金の振込先

東京の水連絡会・会員のみなさま
東京の水連絡会・結成集会参加者のみなさま
新しく入会希望のみなさま。


早いもので、2016年9月26日に全水道会館で開催した結成集会「首都圏直下型地震で
水道・下水道はどうなる⁈ 東日本大震災の現場に学ぼう」から1年が経ちました。
皆様におかれましては、その後もお元気でご活躍のことと存じます。

私たちは基本的に毎月第3火曜日の夜、水道橋駅近くの「全水道会館」で事務局会議を開き、メーリングリストで情報交換に努めるとともに、東京の水連絡会のブログを通して広く情報発信を続けてきました。
活動の詳細はブログを見ていただければと思いますが、主に以下のような取り組みを行いました。

2016年
9月23日: 八ッ場ダム計画変更案(第5 回)に同意しないことを求める請願(紹介議員:共産党・生活者ネット)を都議会に、計画変更案に関する質問を都知事に提出。 議会傍聴するも、請願は否決、計画変更案は賛成多数で可決。

2017年
2月27日: 東村山浄水場見学 山内都議(生活者ネット)を身元保証人として少人数で見学。小平井戸の会が市に復活を求めている小平市中央公園の井戸も見学。

4月22、23日: 代々木公園で開催されたアースデイに「どうなってるの?
日本の川」と題して、「八ッ場ダム」「スーパー堤防」「石木ダム」という3つの川の問題をテーマに出展。
八ッ場あしたの会・東京の水連絡会(江戸川区スーパー堤防取消訴訟を支援する会を中心に)・水源連の3 団体で1つのブースをシェアする初めての試みで、多くの方に働きかけ、関心をひくことができた。

5月21日: 江戸川と荒川のスーパー堤防建設(予定)地を、現地の方の案内で見学。

この他に、過大な水需要予測に基づく「東京水道施設整備マスタープラン・改訂版」の内容について事務局会議で検討を続け、都議会議員を通して水道局へのヒアリングを行うことを考えています。

東京の水連絡会は今のところ、入会金(1000円)のみで会費を徴収しておりません。昨年の結成集会で入会されなかった方も、ぜひ、下記口座に入会金をお振り込みいただき、会員として私たちの活動を支えていただければ幸いです。
振込用紙に「メーリングリスト参加希望」とメールアドレスを書き添えてくだされば、
こちらでメーリングリスト加入の手続きを進めさせていただきます。
また、ブログでは私たちの活動を楽しく紹介する他、昨年の集会の記録動画、150号を越える「小岩スーパー堤防・街づくりを考える会ニュース」などの貴重な資料を掲載しております。ぜひこちらもご覧ください。
ご不明な点があれば、下記にお問い合わせください。

連絡先:山本 tel 090ー3241ー5265。
メール:yamamoto7hiro@jcom.home.ne.jp

プログ:http://tokyo924mizu.blog.fc2.com/

入会金振込先
ゆうちょ銀行総合口座
名称: トウキョウノミズレンラクカイ
記号番号:10160 口座番号:75896711

それでは今後ともよろしくお願いいたします。東京の水問題は多岐にわたり、簡単には解決できないことも多いですが、なんといっても「命の水」(飲む水から水害まで)、その実状を知り、未知の災害、あるいは縮小社会に備えて最善の道を考え、提案を続けていきたいと考えております。

2017年9月
東京の水連絡会 代表 遠藤保男

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tokyo no Mizu

Author:Tokyo no Mizu
プロフィル

東京都は水道水のほぼ60%を利根川水系・荒川水系に依存しています。
つまり、自給率はほぼ40%。こんな自給率で異常気象や大地震が引き起こす
災害に備えることが出来るのでしょか。
私たちは大変に危うい水行政の元で暮らしています。
これまで東京の河川・地下水の保全と有効利用をめざしてきた市民グループ、
首都圏のダム問題に取り組んできた市民グループらが結束して、
「東京の水連絡会」を設立しました。
私たちは身近な水源を大切にし、都民のための水行政を東京都に求めると同時に、
私たちの力でより良い改革を実践していきます。
東京の水環境を良くしようと考えている皆さま、私たちと共に歩み始めましょう。
2016年9月24日。        
                   
      

最新コメント

過去のブログ記事一覧

カテゴリー 一覧